一般的に仏教では四十九日で忌明けとなります。
忌明けでは通夜や葬儀で香典をもらった方に対して香典返しとしてお礼の品を贈ります。
この返礼品に挨拶状を添えて出すのが忌明けの挨拶状を送る時のしきたりとなっています。
忌明けの挨拶状は印刷して出すことが多く、定型文がある程度決まっています。
特に仲が良い方に対して形式的すぎるなと感じた時は、一筆加えておくのが良いでしょう。
近年では葬儀当日に香典返しを行う当日返しと呼ばれる方法が増えてきています。
この場合、忌明けの挨拶状は改めて送らなくても良いですが、忌明けの挨拶状だけでも送ればより丁寧です。
また、即日返しで想定以上の金額の香典を頂いた方に対しては、不足分を改めて贈ることが一般的です。
その際には忌明けの挨拶状を添えておくようにしましょう。
典は香を手向ける代わりという意味もあり、遺族を経済的に支援するのが目的があります。
故人が一家の働き手で子供が小さい場合などは、養育費や生活費にあてても問題ありません。

家族葬を安い費用で!